ソフトバンクMNP乗り換え

ソフトバンクへMNP乗り換えする方法

ソフトバンク 乗り換えを検討する場合、MNPでの乗り換えが賢明です。

 

 

実際に乗り換えを行う場合ですが、現在加入している携帯電話会社にMNPの予約番号を求めてそれを受け取ります。

 

この時、他社への流出を防ぐべく、お得に使えるポイントの案内など(俗に言う引き止めポイント)をされる場合もありますが、乗り換えキャッシュバックがもらえるのであれば多くの場合乗り換えた方がお得になります。

 

引き止めを無視して手続きを進め、MNP予約番号を受け取ります。

 

予約時間は数分程度となっており、そこまで長くはありません。

 

有効期限は予約日を含めて15日間のため、その間に乗り換えの手続きをします。

 

ただし、この期限が切れても再取得できますし、予約番号は取ったけどやっぱり乗り換えるのはやめた、というのも自由です。

 

(有効期限が切れれば何事もなかったように今まで使っていた携帯電話会社の契約が続くだけです。)

 

 

乗り換えた場合、転出手数料がかかります。ドコモの場合は2,000円、au、ソフトバンクは3,000円です。

 

手数料を支払うタイミングは最後の利用月の請求です。

 

 

乗り換え時に必要なものは本人確認書類やキャッシュカードなどの支払い手続きに必要なもの、MNPの予約番号に申し込み印です。

 

申し込み印ではなくサインで代用する時もあるため、実質的にはあってもなくても大丈夫です。

 

手続きを行う場所はソフトバンクの直営店や代理店などです。

 

代理店で契約する場合は直営店などではない特典が受けられます。

 

特典内容は様々ですが、商品券をくれるケースやカタログギフトなどをプレゼントしてもらえるケースもあります。

 

しかし、ネットで乗り換える代理店の多くは、現金キャッシュバックをプレゼントしてくれます。

 

 

いずれの場合でも契約事務手数料として3000円の請求がなされますが、最初の請求で加算されます。

 

(先程の転出手数料は出ていく携帯電話会社に支払うもの、契約事務手数料は転入する携帯電話会社に支払うもの、です。)

 

 

次に前のキャリアとソフトバンクで電話番号の引き継ぎを行います。

 

この作業は双方の店員が行うため、こちらは指定の電話番号に切り替え電話を一本入れて待っているだけで大丈夫です。

 

色々な手続きを行い、最終的に開通するのにだいたい1時間程度かかります。

 

この時間は直営店や代理店に関係なく同じような時間であり、特定の場所だけ多くかかるようなことはありません。

 

一応の審査こそあるものの、以前に携帯電話料金の滞納があったなどのことがなければスムーズに手続きをしてくれます。

 

 

別のキャリアから乗り換える場合は機種代金の残債や契約解除料などを支払っておくことになります。

 

ソフトバンクに支払うべきものは契約事務手数料ぐらいなので費用負担は限定されますが、別のキャリアから乗り換える際にはタイミングをしっかりと探っておく必要があります。

 

特に2年ごとに2ヶ月間ある更新月の確認は必要であり、その違約金(解約金、契約解除料)だけで9,500円かかることがあります。

 

2ヶ月間の期間があるためその中で乗り換えの作業を行っていくことが求められます。

 

いつが契約更新月なのかは、携帯電話会社のショップやコールセンターで確認することができます。

 

 

 

引き止められることはあまりなく、あったとしても事務的なものです。

 

それだけ多くの人がMNPを利用しているため、いちいち引き止められないという側面もあります。

 

よほどプラスに働く提案がなければすぐに予約番号を受け取って乗り換えてしまうのがおすすめです。